ジャンプショットの打ち方

ジャンプショット

スポンサーリンク

前方にある邪魔なボールを飛び越して、的球に当てるためのショットがジャンプショットです。

よくビリヤード場などで、ボールの下をついて手球をジャンプさせている方もいますが、実はこれ正式にはファウルとなってしまいます。^^;

ジャンプショットの打ち方は、画像のようにフィンガーチップブリッジを高めに作り、キュー尻を持ち上げます。手球に上から勢い良く叩きつけるように撞くと手球がラシャに跳ね返るようにジャンプします。

実際に使えるようになるにはキューの角度や力加減を自分で把握しておかなければなりません。

ジャンプショットを練習する時は、ラシャを破ってしまう可能性がありますので、注意して行うようにしましょう。

私の個人的な意見ですが、ジャンプショットは、実は手球のコントロールやクッションがきっちりできればそんなに使う必要のないショットだと思っています。プロの試合とかでもあまり見られませんしね。^^;

スポンサーリンク